Link:INB Home|INB English| INB русский язык|INB العربية|INB Türkiye|INB فارسی|INB Español|INB Français|INB Português|INB Deutsch|INB 國語|INB 中文|INB 日本语|INB 한국어|INB ภาษาไทย|INB tiếng Việt||チョン・ジェヨン「演技派というプレッシャーはないが、満足もない」  
INB 日本語掲示板
ようこそ(産業・自然科学者)ここでは、工業化時代のファイティングスピリットに満ちている、あなたと私の両方を通してこのネットワーク空間の自国の生物学的精神科学者と狂気の所に来ました。ホームinbforum.com、永久の名前:jp-inb.forumotion.com
INB 日本語掲示板

ようこそ(産業・自然科学者)ここでは、工業化時代のファイティングスピリットに満ちている、あなたと私の両方を通してこのネットワーク空間の自国の生物学的精神科学者と狂気の所に来ました。ホームinbforum.com、永久の名前:jp-inb.forumotion.com


You are not connected. Please login or register

《《《《《《《上一页INBforum   Go down

上一页INBforum》》》》》》》前のトピックを表示 次のトピックを表示 Go down  メッセージ [Page 1 of 1]

1 チョン・ジェヨン「演技派というプレッシャーはないが、満足もない」   on Fri Apr 01, 2011 6:17 am

Admin


Admin

技が最高潮に達した。俳優人生の序幕が上がった。演技人生最高の瞬間を味わっている俳優チョン・ジェヨンの最近の歩みを修飾する言葉の数々だ。昨年『苔』
で青龍映画賞主演男優賞を受賞し、カン・ウソク監督の『グローブ』を公開するのに続き、チョン・ドヨンとの共演を控えたラッキー男。「演技が出来るのが、この上なく幸せ」という俳優チョン・ジェヨンと13日、ソウル市三清洞にあるカフェで会って話を交わした。


カン・ウソク監督と一緒に4回目の仕事をした映画『グローブ』で、チョン・ジェヨンはプロ野球界のトップスターキム・サンマンを演じた。最高の
ギャラを誇るスター投手だったが、野球に対する情熱を失い、また相次いで物議を醸し地方の聴覚障害児学校の野球部でボランティア活動をすることになる。
「今までのどの作品より今回の映画は、実際の自分の姿が一番よく溶け込んでいる」というチョン・ジェヨンは、今回の映画を「楽だった」と表現するほど気楽
で自然に撮影したという。


実生活に近い演技を見せたチョン・ジェヨンは、それにもかかわらず「自分の演技に満足したことはない」と話した。「演技派俳優という修飾
語、そんなものにプレッシャーはないです。演技派だからといって演技を絶対上手くしなければいけないとか、演技派ではないからといって俳優が演技が出来な
くても観客が許してくれるとかいうことはないからです。
俳優ならいつも演技が上手くなければならない義務があります」
[You must be registered and logged in to see this image.]
[You must be registered and logged in to see this image.]




「自分の演技に一回も満足したことはありません。果たして満足する日が来るだろうか、そんなことも考えます。ないような気もしますし。でも演技は自分が満
足してするものではありません。見る方々が満足すればいいんです。実際私は画面で自分の顔もよく見ることが出来ない人なんです。恥ずかしくて(笑)」


昨年、清龍映画賞主演男優賞を抱かせてくれた『苔』のイ・ジャン役についても、やはり辛口の評価を下す。「すごく扮装をして出たのであまりぎこち
なくはなかったですね(笑)。自分でも私かなと思いましたし。今は残念さを感じます。もうちょっとリアリティーのあるようにしなければならなかったのにと
いう思いです。無駄な残念さですが、もう一回やったらもっと上手く出来るような気がします」


カン・ウソク監督は「なぜチョン・ジェヨンを選択したのか」という質問に「演技に狂っている俳優だから」と答えた。監督を信頼し、
最善の演技を見せてくれる信頼できる俳優ということだ。これに対しチョン・ジェヨンは「そうではない」と照れくさそうに答えた。「まさかそんなはずはあり
ませんよ。ただ一生懸命やるだけですよ。私が見るにカン・ウソク監督が演出に狂っているように見えますけど(笑)監督の集中力に比べれば、私はただ一生懸
命しているだけです」


カン・ウソク監督と4作品、次期作も一緒にやろうと約束した状態。これほどになればペルソナ、大の仲良しだと呼んでもいいほどだ。チョン・ジェヨ
ンは「すごく慣れていて楽で信頼が出来る。しかし観客が私たちのコンビに飽き飽きすると感じるなら、その時はやめなければならない」と話した。


映画『グローブ』で2回目の野球選手役を演じたチョン・ジェヨンは、スポーツと演技の間にも共通点があるという。「スポーツと演技の共通点は、本当に好きで愛さなければならないということです。適当にしてはだめだということですよ。でも好きならだれでも出来るという点が似ています」演技に狂った俳優チョン・ジェヨンと演出に狂ったカン・ウソク監督が作り出す静かな感動映画『グローブ』は、20日に公開予定。

]

ユーザーのプロフィールを表示 http://jp.inbforum.com

上一页INBforum   Go down

上一页INBforum前のトピックを表示 次のトピックを表示 トップに戻る  メッセージ [Page 1 of 1]

Permissions in this forum:
返信投稿: 不可

Copyright ©2009-2010 LTD Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.

IT:SINGLESERVGoogle谷歌翻译TranslateFORUMSOFTLAYERGoogle谷歌广告联盟AdSenseAsia

 

Free forum | © PunBB | Free forum support | 連絡先 - | Report an abuse | Free blog