Link:INB Home|INB English| INB русский язык|INB العربية|INB Türkiye|INB فارسی|INB Español|INB Français|INB Português|INB Deutsch|INB 國語|INB 中文|INB 日本语|INB 한국어|INB ภาษาไทย|INB tiếng Việt||【連載】Vinyl Forest Vol.12 ── Soft Rocks「Disco Powerplay : Album Highligh
INB 日本語掲示板
ようこそ(産業・自然科学者)ここでは、工業化時代のファイティングスピリットに満ちている、あなたと私の両方を通してこのネットワーク空間の自国の生物学的精神科学者と狂気の所に来ました。ホームinbforum.com、永久の名前:jp-inb.forumotion.com
INB 日本語掲示板

ようこそ(産業・自然科学者)ここでは、工業化時代のファイティングスピリットに満ちている、あなたと私の両方を通してこのネットワーク空間の自国の生物学的精神科学者と狂気の所に来ました。ホームinbforum.com、永久の名前:jp-inb.forumotion.com


You are not connected. Please login or register

《《《《《《《上一页INBforum   Go down

上一页INBforum》》》》》》》前のトピックを表示 次のトピックを表示 Go down  メッセージ [Page 1 of 1]

1 【連載】Vinyl Forest Vol.12 ── Soft Rocks「Disco Powerplay : Album Highligh on Fri Apr 01, 2011 5:20 am

Admin


Admin
[You must be registered and logged in to see this image.]

选择语言中文(简体)阿尔巴尼亚语阿拉伯语爱尔兰语爱沙尼亚语白俄罗斯语保加利亚语冰岛语波兰语波斯语布尔文(南非荷兰语)丹麦语德语俄语法语菲律宾语芬兰语海地克里奥尔语韩语荷兰语加利西亚语加泰罗尼亚语捷克语克罗地亚语拉脱维亚语立陶宛语罗马尼亚语马耳他语马来语马其顿语挪威语葡萄牙语瑞典语塞尔维亚语斯洛伐克语斯洛文尼亚语斯瓦希里语泰语土耳其语威尔士语乌克兰语希伯来语希腊语西班牙语匈牙利语意大利语意第绪语印地语印尼语英语越南语中文(繁体)
[You must be registered and logged in to see this image.]翻译强力驱动





今回ご紹介するのは、UKはブライトン出身のアーティスト、Soft
RocksによるRe-Edit作品だ。この盤は、彼らの記念すべき1stアルバム『Disco
Powerplay』からのシングルカットという事で、私、Dee-Sもプレオーダーの段階で視聴1曲あたり10秒聴かずして購入を決めた。それほどの素
晴らしさだ。

Disco / Re-Edit作品を定期的に購入している方なら彼らを知っているとは思うが、初耳の音楽ファンの皆様にご紹介しておくと、Soft
Rocksは世界でも指折りのVinylコレクターでもあり、ディーラーでもある。言わば筋金入りの“Digger”というわけで、彼らが手がけるRe-
Edit作品は、どれもマニアックなセレクトではあるが、彼らなりの一本筋が通ったセンスが垣間見れる。

まずA1に収録されている「Danz Boy
Danz」は、実に様々な要素が凝縮された入魂の1曲と言えるだろう。“オルタネイティブ・ロック・ダンス”という表記方法が正しいのか疑問だが、スト
レートなBlues / Folk /
Rockに民族系パーカッションを取り入れる事で絶妙なスパイスが効いている作品。一体どの辺からネタを拝借しているのか、筆者の私はまったくわからな
かったくらいのカルトっぷりだ。Balearic / Cosmic Discoフリークは、迷わずゲットしておくべくだろう。

続いてA2の「Free Ride
RRR」は、スパニッシュギターとパーカッションが織り成す情熱的な作品で、クラブのメインフロアではおそらく使う機会はないと思う。しかし私は断言す
る、「視覚と味覚を助長させるオトナの音楽」だと。雰囲気の良いラウンジで美味い酒、料理を嗜みながら会話を楽しみたい。

一方、B面の「Ah
zhaa!!」は前出の2曲とはまったく異なるテイストで、ダサい一歩手前のギリギリなラインで攻めている。この楽曲をクラブでプレイするにはかなりの技
量と勇気が必要になりそうだが、私はむしろ積極的に攻めていきたい(笑)。かなりインチキ臭いヴォーカル・サンプルにピュンピュン飛び交う80's
Feelingなシンセ、デンデケベースにズレズレなパーカッション、ドラムの乱れ打ち…文面で見ると何だかひとつも良いとこなしだが、この無茶苦茶とも
言えるアクの強い音の集合体が、時として奇跡のグルーヴを生み出すから音楽は面白い。

筆者もDiggerという終わりなき道を選択してわかった事だが、Diggerはどんなジャンルでも独自のフィルタリングがあり、そのフィルタリングの結
果が言わば個性となる。ゆえに、本物のDiggerと称されるDJやアーティストは、あらゆるソースを試行錯誤しながら自分のテイストに取り入れようと音
楽を貪り続ける。

その連続作業で独自の選曲眼が養われ、個性が形成されていき、己を大きくするのだと。


text by Dee-S

◆【連載】Vinyl Forest チャンネル
◆drumatrixx mag

──【連載】「Vinyl Forest」とは

筆者の私達は音楽好きなのは言うまでもないのだが、それでも年齢を重ねるにつれ不感症になりつつある。原因はハッキリしていて、テクノロジーの進化によっ
て低価格、高品質な制作環境が容易に手に入る昨今にもかかわらず、楽曲のクオリティが退化の一途を辿っているからだ。低コストで在庫を抱えずに済むから
レーベルは多くのリリースができる反面、現場ではとても使えないトラックも非常に多い。

そこで、データ音楽販売が主流となった昨今のダンスミュージック界隈の懐事情を鑑みて、

「私たちは、レーベル側が在庫リスクを背負い、インディながらも頑なにVinylをリリースするという行為そのものが、レーベルが充分な楽曲クオリティを保証しているのではないのか?」

という持論(フィルタリング)で巡り会えた珠玉の刺激物と、今では考えられない予算を投じてリリースされた名盤をご紹介していく。

text by Dee-S&Blue Eclair]

ユーザーのプロフィールを表示 http://jp.inbforum.com

上一页INBforum   Go down

上一页INBforum前のトピックを表示 次のトピックを表示 トップに戻る  メッセージ [Page 1 of 1]

Permissions in this forum:
返信投稿: 不可

Copyright ©2009-2010 LTD Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.

IT:SINGLESERVGoogle谷歌翻译TranslateFORUMSOFTLAYERGoogle谷歌广告联盟AdSenseAsia

 

Free forum | © PunBB | Free forum support | 連絡先 - | Report an abuse | Create a free blog